相続対策

相続対策

2013年度の税制改正で最も重要なポイントは
    基礎控除額の大幅な引き下げです!

※ 最高税率の引き上げについては次の機会に

相続税改正のポイント

相続税の基礎控除額が6割に縮小されます。
基礎控除は相続税申告の要・不要を決めるボーダーラインですので、
遺産が控除額を超える場合は申告が必要になります。

基礎控除額はこれまで「5000万円+1000万円×法定相続人の数」でしたが、
改正後は「3000万円+600万円×法定相続人の数」となります。

  改正前 改正後
定額控除 5000万円 3000万円
相続人比例控除 1000万円×人数 600万円×人数

たとえば、法定相続人が3人の場合
改正前は5000万円+1000万円×3人=8000万円の控除が受けられました。
改正後は3000万円+600万円 ×3人=4800万円の控除になり、
従来よりも3200万円少なくなります。

基礎控除額の減額イメージ

この改正により、現行での試算では非課税だった方が課税対象者に入り、
課税対象者が大幅に増える見込みです。

この改正は平成27年1月1日以後の相続から適用されます。

相続税対策はご家族のためにも事前に行わないと意味がありません。
土地の有効利用や整理等を税理士の先生と相談してみてはいかがでしょうか。

アーバンハウスは、相続問題に詳しい税理士とともに、状況に合った対策をあなたと一緒に考え、提案そしてサポートいたします。

まずは、お気軽にお電話を・・・・。


↑TOP